カプセルと錠剤

薬効で選ぶ

薬の説明

睡眠障害を治療する際に使用する睡眠導入剤を選ぶ際に覚えておく必要のある要素として「最高血中濃度到達時間」と「半減期」という物があります。
この二つの言葉の意味を知り、症状に応じた薬を選ぶことで睡眠障害の治療が出来る為、しっかりと覚えておきましょう。

最高血中濃度到達時間というのは、服用した薬の薬効が充分に行き渡り、薬の症状がもっとも強くなる時間の事を指します。そして半減期というのは服用した薬の薬効が抜けきる時間の事を指します。
ソナタジェネリックやハイプナイトのような超短期型睡眠導入剤は「最高血中濃度到達時間が短く、半減期に至るまでの時間も短い」という特徴があります。
その為、寝つきが悪くて眠る事が出来ない入眠障害の際に服用すると、早い段階で薬が効き、眠っている最中に薬効が無くなる為、しっかりと眠る事が出来るのです。
もしも入眠障害の人が「最高血中濃度到達時間が長く、半減期に至るまでの時間も長い」ような睡眠導入剤を服用してしまうと、なかなか眠ることが出来ないし、寝てしまうと薬効が続きすぎてしまい、起きないといけない時間に起きれない、つまり寝坊してしまうのです。
逆に寝ても途中で起きてしまう中途覚醒という睡眠障害に悩んでいる場合は最高血中濃度到達時間が長く、半減期に至るまでの時間も長い睡眠導入剤を服用することで眠っている間に薬が効き、しっかりと熟睡することが出来るのです。

なので、自分の症状に合わない薬を選んで服用してしまわないようにきちんと自分の症状に合った薬を選んで購入し、服用するようにしましょう。